PTA活動 Feed

2018年1月29日 (月)

PTA奉仕作業~親子でサトウキビ収穫

PTA奉仕作業によるサトウキビ収穫が28日、学校農園でありました。親子で協力しながらサトウキビを次々と倒していきました。

Dscn2017参加者は全PTA世帯の保護者と、4年生以上の児童、そして教職員です。朝9時に集合の予定でしたが、8時半ごろには人が集まり始め、早々と作業が進みました。

Dscn2021_2お父さんたちや、収穫作業に慣れた5・6年生男子らがサトウキビを次々と倒し、残りのメンバーでハカマを取る作業を行いました。天候に恵まれたこともあり、2時間程度ですべての作業を終えることができました。

Dscn2023昨年は台風が襲来したこともあって、収量は少なめだそうです。29日にはサトウキビ運搬をしている保護者の方が、収穫したサトウキビを製糖工場に運んでいってくれました!親子で額に汗して働いた気持ちの良さは大切な思い出として、収益は子どもたちの様々な活動に役立てていきたいです。

2017年12月11日 (月)

内城小で町PTA活動研究大会

今年度の和泊町PTA活動研究大会が9日、内城小を会場に開かれました。本校PTAが活動報告を行ったほか、参加者が8分科会に分かれて、様々なテーマで意見交換を行いました。

Dscn1489主会場は体育館。町内小中学校の保護者や教職員などが、多数参加されました。

Dscn1504事例発表では本校PTA会長が登壇。今年度の運動会で親子参加で披露した伝統芸能「チェンチェン節」など、特徴のある活動を紹介しました。

Dscn1505

Dscn1507

Dscn1517

Dscn1519続いて8会場にわかれて分科会がありました。小学校の低・中・高学年、中学校の4グループで、それぞれ発達段階に応じた2つのテーマが設けられました。

Dscn1534

Dscn1545最後の全体会では、各分科会から討議内容の報告、活動事例等に対する質疑応答、町教委指導主事による指導助言がありました。

Dscn1528(おまけ…休息時間には、本校の学校主事や保護者が手作りしたおいしい茶菓も大好評でした!)

2017年9月 6日 (水)

学校保健委員会でワークショップ

平成29年度の第2回学校保健委員会が5日、図書室で開かれました。参加したお父さん、お母さんは、自分自身や我が子たちの「よいところ」を見つけるワークショップを体験しました。

P1230316「子どものよさを見つけよう!」と題したワークショップでは、まず、お父さん・お母さん自身が自分たちの「よさ」を見つけることからスタート。5~6人のグループを作り、互いのよさを挙げていきました。

P1230318次に、我が子たちの「よさ」を見つめました。普段は短所と見がちな我が子の特徴…でも、見方を変えることで長所となる「リフレーミング」について学び、我が子の「よさ」をどんどんカードに書き込みました。

保護者の愛情がたっぷりこもったカードは、校内掲示して子どもたちに伝えていく計画だそうです。

2017年8月24日 (木)

親子読書会で肝試し&怪談

出校日だった21日の夜には、家庭教育学級の親子読書会も開かれました。今回は、夏にふさわしく「怪談」をテーマにあり、参加した親子が肝試しを楽しみました。

Img_5428参加者は図書室に集合!真っ暗にした図書室で、まずは、本当にあった怖い話が朗読されました。すでに「こわい」の声が…

少し涼しくなったところで、肝試しツアーのスタートです!

Dscf6593職員室や保健室では、おばけたちから絵本を読んでもらい…

Dscn9891_2突然現れた貞子と、ジャンケンゲームを楽しむコーナーも!

Dscn9894負けた人は貞子からハグされますhappy01

Dscn9901最後に行った音楽室でも幽霊が待っていました!

Dscf6599_3本格的なおどろおどろしい姿に、子どもたちも「シ~ン」shock思わず耳をふさいでしまう子もいるなか、小泉八雲の怪談を臨場感たっぷりに読んでくれました。

Dscn9914最後は、お化けさんと一緒に記念写真!夏の夜の楽しくて、ちょっとこわい思い出ができました!

2017年5月30日 (火)

学校保健委員会で心肺蘇生法講習

今年度の第1回学校保健委員会が29日あり、心肺蘇生法講習を行いました。

Dscn8938心肺蘇生法講習は体育館を会場にあり、沖永良部消防本部の救急救命士などが来校。AEDの使用方法、基本的な心肺蘇生法を教えてくださいました。

Dscn8948_2

Dscn8950成人用、小児用の2タイプの練習用ダミーが用意され、参加した保護者や教職員は双方で胸部圧迫を練習しました。成人の場合は、かなり力がいることがわかりました。

これから海や山などでのレジャーの機会が増えるシーズン。周囲に傷病者がいた場合、ためらわずに救急法を実施できるようにしたいですね。

保護者と学校が連携し、子どもたちの様々な健康課題の予防・解決に向け学習活動を行う学校保健委員会。

講習会に先立ち、今年度の活動計画なども協議し、①身だしなみを整える「はちつぼね」②朝はスキンシップで気持ち良く「行ってきます」③テレビ・ゲームは時間を決めて。「外で元気に遊ぼう」―の3点に重点的に取り組むことに決めました。